赤ちゃんの便秘に関する知識について

赤ちゃんの便秘に関する知識について

赤ちゃんの便秘については、子育てを経験した人にとっても、赤ちゃんにそのような経験がない場合には良く分からないということになります。

しかし、実際に子育てをしていて、何日も便秘が続いてしまった場合には、心配になります。

そこで、赤ちゃんの便秘についての知識を少しでも勉強して、いざという時に備えたいと思います。

そもそも、きっちりした定義は無く、毎日、便が出ていたのに、ここ2〜3日便が出ていない。

普段は機嫌が良いのに、便がでないと気難しくなる、などといった症状が出て、特に、病気ではない場合には、便秘が疑われるということになると思います。

病気以外の原因としては、食事・運動不足・生活習慣、の3つがあげられます。

食事については、規則的に摂っていた授乳や食事量が変わる、離乳食が始まり、水分が不足がちになるといった場合が考えられます。

自分では運動できないので、腸の動きが活発にならないことで起きる場合があります。

赤ちゃんが便をするときにいきっても出ないので我慢をしてしまう、おしめを替えているときに便が出て、周りを汚して叱られたことによる心理的に我慢をすることにより起こる場合もあります。

赤ちゃんの便秘を解消する方法について考えてみます。

便秘の原因は、食事・運動不足・生活習慣、の3つがあげられます。

食事の摂り方については、毎日の生活のリズムの中で、規則正しく行なうことで解消できます。

授乳から離乳食に切り替える際には、リズムが変わる時期ですので、急激に離乳食にしなければならないわけではなく、徐々に移行していくことが必要です。

離乳食になると、授乳していた時より水分が不足しがちですので、水分をたっぷりとまた食物繊維の多い食材を与えるようにしてあげます。

赤ちゃんが自分の体を充分に動かせない間は、親が足をあげる、体全体をマッサージする、などをして代謝を上げるようにします。

赤ちゃん用の体操をさせてあげることも効果的だと思います。

生活習慣全般では、オムツの替えの時に便をしてしまっても怒らないようにしてあげることも必要です。

また、赤ちゃんが気持ちよく便が出せるように、お尻の周りの腫れやかぶれがあればその都度ケアをして上げることが必要です。

お尻のケアには、こちらの商品がお勧めです。

赤ちゃんの便秘の解決方法